レクサス LBX 内装・外装レビュー

先日、生まれて初めてレクサスディーラーへ行ってまいりました!
その際に管理人が気になるレクサス車を片っ端からチェックしてまいりましたので、その第一弾として「レクサスLBX」を素人オヤジなりにレビューしていきたいと思います。早速どうぞ↓

レクサス LBXのグレード

レクサスLBXのグレードは、今のところ3グレード用意されているようです。
クール(COOL) 価格 4,600,000円~4,860,000円、リラックス(RELAX) 価格 4,600,000円~4,860,000円、ビスポークビルド(Bespoke Build) 価格 5,500,000円~5,760,000円ということで、ビスポークビルド(Bespoke Build)が高級グレードの位置づけになると思われます。

レクサス「LBX」のビスポークビルド(Bespoke Build)では、外観の色から内装の素材、ステッチの色に至るまで、細部にわたるカスタマイズが可能との事で、これにより、33万通り以上の組み合わせが実現できると言われています。私のような庶民オヤジにはまだまだ高嶺の花です(笑)
でもこの私もいつかはこのレクサスで車を注文すると心に誓っています!(笑)人間、心の底から願わなければ夢は実現しないですから!

リラックス(RELAX)

今回見させていただいたグレード、まず最初はリラックス(RELAX)です。

オプション込みで549万円!結構なお値段ですが、レクサスと考えればお買い得なのでしょうか?
これに諸経費込みで600万円近くになるでしょうか?
レクサスは初回車検までのメンテナンス費用は掛からずとの事で、レクサスオーナーから伺っているお話ですと、レクサスオーナーならではの様々な体験ができるとの事。
ビジネスの学びにもなりそうなレクサスのオーナー体験もレクサスを選ぶ事の魅力の一つかもしれませんね。

さすがの高級感ですよね。何より管理人の大好物なパールホワイト系のカラーリング、ソニッククオーツが鮮やかですね。レクサスのカラーリングは本当に綺麗ですよね。

テールも中々のイケメンですね!フェンダーの抑揚がグラマスで魅力的ですね。
コンパクトでありながら、COOLさや上質さを演出できるのはLEXUSならでは。この車で高級ホテルのエントランスに横付けしても絵になりますよね。

コンパクトながら適度に抑揚のあるデザインですね。上品さを兼ね備えており、高級感も充分ですね。

テールも上質感が漂っています。リヤガラスからテールレンズまでの段差がリヤフェンダーの抑揚に繋がります。リヤのスタイリングに抑揚が付くことでコンパクトながらグラマスなデザインを実現していますね。

タイヤサイズが225/55R18という事で、ホイールデザインシンプルではありますが、光沢を適度に抑えた上品で高級感のある印象です。
最近は扁平タイヤが比較的減ってきたように管理人は感じます。乗り心地を重視しての事でしょうか。

管理人の大好物!タンカラー内装です。高級感がたまりません。良い雰囲気です。色気がありますね😍

ハンドルも高級感に抜かりはありません!こういうところがトヨタの車とは違いますよね。

ウインカー・ライトとワイパー関係のスイッチ周りです。この辺は安っぽくなく、しっかり作りこんであってとても使いやすそうですね。

センターコンソール周りです。物理スイッチは少な目ですね。スッキリしていて整然としていますが、高級感はしっかりあります。このナビ周りはRXやアル・ヴェルのナビ周りのデザインより個人的には好きです。

助手席周りもスッキリで視界も広く管理人は好感が持てます。

センターコンソールボックスにもステッチが入っていて◎です。

スライドするとドリンクホルダーが出てきます。

そしてぜんか~い!

コンソール下にも小物入れを発見!

アクセルペダルもしっかりオルガンタイプですね。

マークレビンソンの存在感が…😅ナビ周りにもマークレビンソンのロゴ無かったですよね??

運転席ドアです。当然ソフトパッド!タンカラーの内装とステッチがさすがの高級感

運転席のウインドウスイッチ周りです。本当に木目パネルって姿を消してきましたよね。
30アルファードに乗っている私は木目パネル好きですが、木目パネルにデザインに古さを感じなくもないかな…😅
時代の流れというか、トレンドというのか…切ない😅
木目パネルはないものの、スイッチ自体がヘアライン加工(??)の様にうっすら模様が入っている感じで、高級感は感じられます。決して安っぽい感じがしません。

メモリーシートやパワーバックドア等のスイッチは運転席右側のエアコン吹き出し口の下へ。メモリーシートのスイッチはドアに配置されているよりもこちらの方が操作しやすいかもしれないですね。

助手席周り。一体感のあるデザインで囲まれ感がありますね。ウッドパネルなど無くても高級感を演出できる点でレクサスのデザイン力はさすがです。

後席周りです。こちらもデザイン性は充分。

身長172㎝の私に運転席のシートポジションを合わせると後席はこんな感じ。
座れるかな??

狭いですが、運転席の下に足が入るのでしっかり座れます。
快適とまではいかないですが、この車のサイズからいえば優秀ではないでしょうか。

後席ドア周りがこちら。ソフトパットとステッチが多用されていてさすがの高級感。大きいスピーカーも迫力充分!ただ…マークレビンソンのロゴが欲しくないですか??

荷室スペースはこんな感じです。さすがにゴルフバッグは横に積む事は出来なそうです…😅
サイドにはくぼみも作られていて、少しでも多くの荷物を積める工夫がされているようです。

COOL(クール)

次に紹介させていただくグレードが、COOL(クール)です!
車両本体価格が前に紹介したRELAX(リラックス)より26万円ほどお安くなる選択です。
RELAXとCOOLは価格帯は全く一緒なので、MOPやDOPで支払い総額がそれなりに変わってくるのですね。
MOPやDOPでいかようにも総支払価格は変わってしまうのが、車購入の怖いところ…😅
くれぐれもご商談の際は冷静に…。

ソニッククロムのカラーリングがまぶしいこの一台!いかがでしょうか?
最近管理人はレクサスのソニッククロムというこのカラーリングが大好きです。
この美しい輝きに心奪われます😍

ソニッククロムの輝きが映えますね!

ソニッククロムの輝きがテール周りのデザインの抑揚を際立たせて、LBXの魅力を引き立てます😍

こちらがホイール。まさしく”COOL”シンプルでありながらスタイリッシュなデザインですね。

シート周りです。フォーマルはもちろん、カジュアルなファッションで乗っても乗る方のスタイリッシュな装いをトータルコーディネートできそうです。
車をファッションの一部として考えても楽しいですね。

運転席周りです。RELAX(リラックス)とどちらが好みですか?

ドア周り。さすがの高級感は変わらず。

2台を比べて

今回はRELAX(リラックス)とCOOL(クール)2つのグレードを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?
どちらが好みでしたか?
今回私が感じたのはLBXはコンパクトでありながら、高級感充分の素晴らしい車である事、スタイリッシュで自身の洋服やファッションなどの一部としても非常に映える車である事でした。
プライスはヤリスクロスなどと比べるとかなり高額にはなりますが、目の肥えたユーザーの相棒として非常に優れた一台となるのではないのでしょうか。

今回はLBXを紹介させていただきましたが、次回以降もNXやRXも紹介させていただこうと思っております。お楽しみに!

今日はこんなのを見つけました!
レザー大好きな管理人にはたまりません😍アルファードに合うのがあれば一つ欲しいですね。



「今日を楽しく生きる為に!」今後もディスカバリー通信をどうぞ宜しくお願い致します。

レクサスのディーラーに行ったことが無い!!入りづらい!!と思っていらっしゃる方はこちらの記事もご参考になさってみてください→ 初めてレクサスディーラーへ

このブログはにほんブログ村のランキングに参加しています!励みになりますので、↓のボタンをポチっとお願いします。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました